捉え方と大きな変化

こんにちは、小田原市城山 RS鍼灸整体院の髙田です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

 

今日は雪がちらついたり

本当に寒いです。。

 

天気予報で年末に寒波が来ると言っていましたが

まさに大当たりですね(^^;)

 

帰省される方などは車の運転など

くれぐれもご注意くださいね!

 

本日年内最後にと来られた方に

とても大きな変化と感動する事がありました。

 

体が思うように動かなくなってしまい、

不調が続く中、人付き合いでトラブルに巻き込まれ

精神的にも追い詰められたこともあり

自力ではうまく歩けなくなってしまったSさん

 

少しずつ改善され、今では階段も軽快に登れるようになるまで回復されました。

 

しかし、歩き慣れていない道や少し距離が長くなってしまうと

また歩けなくなってしまう。

というより足が動かなくなってしまう・・・

 

身体的には、関節の動きや筋肉の状態、力強さなど

それほど問題もなく、歩ける状態には整っているのですが

気持ち的に前に進めない、勇気が出ない。。

 

そんな状態がしばらく続いていました。

 

現状を変えたい気持ちはあるのに

なかなか勇気が出ないというような感じです。。

 

最初は口癖のように

「疲れたせいですぐにダメになってしまった」

とおっしゃっていました。

 

最近ではそれはなくなってきたのですが

 

「昨日大掃除をして疲れた途端に足が重くなってしまいました。」

と今日はおっしゃっていました。

 

疲れた=元に戻る

 

この思考がまだまだ残っていると感じたので

 

『疲れた度合いを把握していますか?』

と聞いてみたところ

『はい??』

という感じでした。

 

疲れたと言っても

倒れこむようになる『疲れた』

少しかったるい『疲れた』

気分的に『疲れた』

 

同じ疲れたでも程度は様々。

 

体感的に『10』疲れたと

『2』疲れたを

一緒に捉えてしまうと

少し疲れただけでも

 

疲れた=元に戻る

 

となってしまうので、とても勿体無い。

 

疲れたと思っても、どの程度疲れてしまったのか

自分の中で段階分けしてあげると

元に戻るという感覚にはなりにくくなりますよ。

と施術後にお伝えしました。

 

いつも帰りはタクシーを呼んで帰るのですが

今日はなかなか電話しないなと思っていると

 

涙を浮かべながら

『今日はいけそうです』

と。。

 

以前、同じタクシーに乗るのでも

駅まで歩いて歩けることを体感して

駅からタクシーに乗るのではまた違ってきますよ、とお伝えしていました。

 

まさに本日、駅まで歩いてタクシーに乗りに行けた日となりました。

 

どうやら駅まで歩く途中に疲れて足が止まってしまったら…

そういう不安や、良い疲れと悪い疲れの区別がつきにくかったようです。

 

『練習だと思って、歩いて疲れるなら良い疲れですもんね』

そう言って、帰って行かれましたが

近くの交差点まで一緒に付き添い

最初はゆっくりでしたが

しっかりとした足取りで駅まで向かって行かれました。

 

初診で来られた時に

年内に少しでも歩けるようになりたい。

そう目標としてもたれていましたが

最後に大きく改善されて本当によかったです。

来年お会いするのが楽しみです!

 

思考のクセって悪さをする時は

厄介な事が多いです。。

 

いかに気付けるか?

 

本当に大切ですね。

 

 

写真は昨日いただいた可愛らしい患者さん達がくれたクッキーです(^^)

美味しく頂きました(^^) ありがとうございます!!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

 

RS鍼灸整体院

◯神奈川県小田原市城山2-3-1 城山コーポラス1F

TEL:0465-44-4004

◯小田原駅西口徒歩3

◯完全予約制  受付時間 9時~19

ご予約・お問合せはこちらから

↓↓↓

ご予約・お問合せ

LINEでもご予約が可能です♫

友だち追加