ゴールデンエイジ

こんにちは、小田原市城山 RS鍼灸整体院の高田です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

すっかり寒くなり、朝晩は特に寒くなってきました。

ここ数日は暖かいですが、週明けからはまた気温が低くなるそうですね。

 

寒くなってきた影響からか、最近は寝違えやぎっくり腰の患者さんが増えてきました。

体が冷えると良いことはありませんので、くれぐれもご注意下さい!

 

最近、お子さんの体の使い方や動かし方、身体能力について聞かれる事が多くあります。

もちろん動作のコツなどもありますが、そうした技術的な事の前に是非とも知っておいて貰いたい事がありますので、今回はそれについてお伝えしていきたいと思います。

 

皆さんはゴールデンエイジという言葉を聞いた事はありますか?

聞いた事がある方もたくさんいらっしゃると思います。

 

ゴールデンエイジ

これは5〜12歳の間に子供の運動能力が著しく成長する時期のことで、

体の動かし方や動作、技術を短期間で覚える事のできる、一生に一度の黄金期の事を言います。

この時期に様々な遊びや運動を体験する事で、運動能力(運動神経)の発達がより良くなりスポーツが上達する大切な時期。

この時期は残念ながら一生に一度しかありませんのでこの機会を逃すわけにはいきません。

 

ゴールデンエイジの期間中は、動作や技術を物凄い早さで習得する事が出来ます。

簡単に言うと、見たものを真似ただけで出来てしまう、まさに黄金期と呼ばれるに相応しい時期です。

 

大人が動作や技術を習得しようとすると、

「腕の位置は・・・」「足の位置は・・・」「重心は・・・」と、

理性で分析と理解をしてから習得しようとしますが

ゴールデンエイジ中は、見たことを真似るだけで、感覚だけで動きなどを習得してしまう事があるので、体を動かして運動能力をアップさせるには最も適している時期と言えます。

また、ゴールデンエイジ中に習得した動きや技術は、大人になっても忘れずに再現ができます。この時期に習得した動作やそれにおける身体感覚などは脳が簡単には忘れないと言うことです。

 

5〜12歳の年代がゴールデンエイジに当たりますが、その後13〜15歳あたりまでの期間も含めると、ゴールデンエイジ期は大きく3つに分けることが出来ます。

  1. プレゴールデンエイジ(5〜9歳)
  2. ゴールデンエイジ(10〜12歳)
  3. ポストゴールデンエイジ(13〜15歳)

※()ないの数字はおおよその年代です

 

今回はについて簡単にお伝えしていきたいと思います。

 

プレゴールデンエイジの特徴

この時期は体の成長において、神経系の発達が著しい期間となり、この期間で大人になるまでの約80%の神経系が発達します。

その後、12歳までにはなんとほぼ100%が発達し、12歳ですでに大人と同じになります。

これを読んでいるあなたの運動神経、運動能力も12歳までに発達したものとなります。

 

この時期に、運動や遊びを通じて様々な動作を経験することで脳が刺激され、運動神経の発達を促してくれます。

早くから一つのスポーツで上を目指したいと思っているのでしたら、一つの競技に集中するのではなく、この時期に様々な運動を経験させてあげることがとても大切です。

これは、一つの動作で一つの神経回路が作られ、その回路が様々な方へと枝分かれし張り巡らせるように神経系が発達すると言われているからです。

この年代では遊びも含めて、運動の種類や量を増やして運動の基礎をしっかりと身につけることで、成長し特定のスポーツに特化した際に、技術を早く覚えて高いレベルへと引き上げてくれます。

 

ゴールデンエイジの特徴

見ただけで真似る事ができる、黄金期の到来!

この時期の子供は、初めて挑戦する動作でも、手本を見ただけで出来てしまう事があります。

運動するのに相応しい体へと成長するだけでなく、自身の体を自由自在に、思い通りに動かす力がつく年代です。

新しい動作の習得力が高いだけでなく、様々な状況下に上手く対応する能力も高いこの時期に、色んな運動を経験させることによって全身を協調して動かす能力(コーディネーション能力)が高まります。

また、体幹を安定させる力を高めるにも最適な時期です。

体幹を安定して使えることは手足の動きを効率よくするだけでなく、どんな動作においても必要な基礎となります。

特定のスポーツにおける動作やテクニックなどをすごい早さで習得し、みるみる上達するような時期ですが、

この年代になってくると、一つのスポーツに集中し始める子も多くなり、好きな選手やライバルを意識し始め積極的に取り組むようになります。

しかし、だからと言って一つだけのスポーツに特化するべきではありません。

様々なスポーツを経験することで、より脳が刺激され思い通りに体を動かせることにつながり運動能力の向上に期待出来ます。

特定のスポーツをやりつつも、他のスポーツも楽しみながら経験させてあげると良いです。

 

この後に、体が発達し全身持久力などが向上してくるポスト・ゴールデンエイジ期がありますが、

それについては次回にしたいと思います。

 

ざっくりとした説明ですが、その年代によって成長の特徴が分かれています。

適切な時期に、適切な運動を経験させてあげることは、将来の子供の運動能力に大きく関わります。

 

最近では外で遊ぶ子が少なくなりましたし、今はコロナもあってなかなか思うように遊ぶことも更に減ってきたかもしれません。

しかし、子供は自分がゴールデンエイジだから外でたくさん遊ぼうとか、こういう運動をたくさんしてみよう!とは考えません。

 

お父さんやお母さんが上手く関わって、楽しく遊びながら運動をさせてあげる事が大切になりますね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

◯RS鍼灸整体院

◯神奈川県小田原市城山2-3-1 城山コーポラス1F

◯TEL:0465-44-4004

◯小田原駅西口徒歩3分

◯完全予約制  受付時間 9時〜19時

ご予約・お問合せはこちらから

↓↓↓

ご予約・お問合せ

LINEでもご予約が可能です♫

友だち追加