メカノレセプター2

こんにちは、小田原市城山 RS鍼灸整体院の高田です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

前回は、メカノレセプターについてお伝えしましたが、

引き続きメカノレセプターについて、今回はスポーツにおいての重要性をお伝えしたいと思います。

 

メカノレセプター は足底にあり、立ったり座ったりしている時に体重がどこにどうかかっているかを検知する「センサー」でした。

「身体が前や横に傾いている」

「足元が滑りやすくなっている」

「凸凹がある」など、

足底のセンサーが感じとった情報は即座に脳に伝達されます。脳はこれらの情報をもとに、状況に合った動きを反射的に選んで、各筋肉に指令を出して全身のバランスを保ちます。

 

これはどんな動作であっても、全ての動きに関係しています。

椅子に座っている時やジッと立っている時でも

ずっと同じ姿勢で立ち続けたり、座り続けていられるのは、このセンサーが微妙な身体の揺れなどを感知して、身体のバランスを保ち続けてくれているおかげで可能となっています。

 

ランニングやウォーキング、各スポーツ競技において、どんな動作であってもこのセンサーがあっての動きとも言えます。

地面の凹凸を感じバランスを保ったり、他のプレーヤーと接触した時に転倒しないようにバランスを保持したりなど、様々な動きに関わっています。

 

前回でも軽く触れましたが、このセンサーがちゃんと働くことで、足元がしっかりするだけでなく、筋肉の緊張が理想的な姿勢を保持してくれます。

そうする事で、足元から体幹までが安定し、腕が開放されます。

腕に無駄な緊張がなく、スムーズに使えることは、野球やテニス、ゴルフなどの道具を使うスポーツから、陸上やボールを蹴るサッカーなどのほぼ全ての競技で有利となります。

道具を使う場合はもちろんですが、走る時にも腕は振りますし、ボールを蹴る動きでも、腕はしっかりと振られます。

腕が解放されて動けるということはとても大切です。

身体のバランスを保つために無駄な緊張が起きてる場合を例えると、

あまりバランス感覚が良くない人が平均台を渡ろうとすると、腕を水平に広げてバランスをとります。

これはまさに腕を使ってバランスをとっています。

しかし、運動に慣れている人は、腕を広げなくても渡ることが出来ますし、すごい人は腕を振って小走りができます。

これがまさにメカノレセプター が機能している状態です。

 

ちょっと極端な例えになってしまいましたが、

片足で立った時に、フラつきが大きくなるかどうかで簡単に判断することが出来ます。

 

ふらつきが少なく立っていられる場合は、メカノレセプターが機能している状態です。

反対に、すごくふらついてしまう場合は、上手くセンサーが働いていない可能性が高いです。

 

このセンサーに反応して起こる筋肉の緊張の変化は、自身では感じられないくらい微妙なものでもあります。

微妙なものであっても、必要ない筋肉の緊張は、スポーツにおいてはスムーズな繊細な動きを妨げてしまうことや、反応が遅くなる原因になり、パフォーマンスの低下にもつながってしまいます。

また、スポーツ障害などの怪我の原因になることもあります。

 

メカノレセプターは足が地面にどのように接地しているかを感じとっていますが、

スポーツ中は走る、止まる、跳ぶなどの連続です。

その一つ一つの動作において、足が地面に着地する度にこのセンサーが働きます。

 

では、センサーの一部が上手く機能していないとします。

センサーがうまく機能していないと、脳からの適切な指令が出せず、本来使わなくてもいい部位に力が入って負担がかかってしまい、また、使わなければならない筋肉が使われないなどで姿勢バランスを崩してしまいます。

負担がかかり続けると、負傷につながってしまいますね。

この機能が低下していると、シンスプリントや足底筋膜炎、膝痛などが多くなります。

膝を曲げて、腰を落とす(重心を低くする)動作では、足裏が地面に対してしっかり接地していない場合、重心を落とした時にかかとが浮いてしまったり、爪先が浮いてしまったりします。

どちらが浮いても、倒れないように身体は反射的にバランスをとってくれますが、大腿部や下腿部が過緊張を起こし、足首や膝関節、股関節の動きを悪くしてしまいます。

筋肉が必要以上に緊張してしまうだけでも負担になりますが、その上関節の動きまで悪くなってしまうと、怪我につながりやすいのは想像できると思います。

 

メカノレセプターが機能している状態は、足裏の感覚が鋭くなりセンサーの感度が上がることで、バランスのとれた接地ができて、怪我の予防やスポーツ障害の改善だけでなく、

身体のバランスが崩れやすい接触プレーや雨の後などで滑りやすい場所での練習、あらゆる動作やいかなる環境でも身体のバランスをとりやすくするなど良い事ばかりです。

 

あまり意識したことがない人や、運動後に決まった場所だけ痛くなったり筋肉が張ってしまうことがある方は、是非とも足裏の感覚を意識してみて下さいね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

 

◯RS鍼灸整体院

◯神奈川県小田原市城山2-3-1 城山コーポラス1F

◯TEL:0465-44-4004

◯小田原駅西口徒歩3分

◯完全予約制  受付時間 9時〜19時

ご予約・お問合せはこちらから

↓↓↓

ご予約・お問合せ

LINEでもご予約が可能です♫

 友だち追加